はじめに

本ドキュメントについて

本ドキュメントはSmartDB SAML連携ガイドです。 SmartDBでSAML認証を利用するためのドキュメントです。

SAMLとは

SAML(Security Assertion Markup Language)とは、異なるインターネットドメイン間でユーザー認証を行うための認証情報の規格です。 SAMLを有効にすると、お使いのIDプロバイダ(IdP)経由でSmartDBにアクセスできるようになります。

SmartDBは、SAML2.0 Webブラウザー SSO Profileをサポートし、SAML サービスプロバイダ(SP)として動作します。 SP-initiatedフローを基本とし、SAMLリクエストの送信にHTTP Reidirect Binding、SAMLレスポンスの受信にHTTP POST Bindingを利用します。

SAML連携の手順

SAML連携の大まかな手順は下記となります。 設定の詳細は、各章を参照してください。

1.IDプロバイダ(IdP)の設定を行う
2.SmartDBの設定を行う
3.IDプロバイダ(IdP)との接続を確認する

動作確認済みIDプロバイダ(IdP)

  • AzureAD
  • HENNGE One
  • TrustLogin

制限事項

  • IDP-initiatedフローには対応していません。