Oktaの設定

IDプロバイダ(IdP)に「Okta」を利用する場合の手順です。 サービスプロバイダ(SP)として「SmartDB」を登録します。

手順

SAMLアプリの登録

Oktaの管理者アカウントでログインします。 「Applications」の「Browse App Catalog」をクリックします。

「Browse App Integration Catalog」の検索窓で「smartdb」と入力します。

表示された一覧から「SmartDB」を選択し、次の画面で「Add」をクリックします。

「General Settings · Required」画面で「Application label(例:「SmartDB Express」)」と「Subdomain」を入力し、「Done」をクリックします。
※「Subdomain」には、「XXXX.smartdb.jp」の「XXXX」を入力します。

「Sign On」の「View Setup Instructions」をクリックします。

遷移した先のページに記載されている下記の項目の値を取得します。

・SAML sign-on endpoint URL
・X.509 certificate

SAMLアプリの設定

上記で登録したSAMLアプリを利用するユーザを登録します。 「Assignments」の「Assign」をクリックします。

SmartDBを利用するユーザ・グループを「Assign」します。