HENNGE Oneの設定

IDプロバイダ(IdP)に「HENNGE One」を利用する場合の手順です。 サービスプロバイダ(SP)として「SmartDB」を登録します。

手順

サービスプロバイダーの登録

左のメニューバーから「サービスプロバイダー設定」をクリックします。

「サービスプロバイダーの追加」をクリックします。

「カスタム」をクリックします。

サービスプロバイダー一覧に表示される任意の名前(例:「SmartDB Express」)を入力します。

項目名 設定する値
ACS URL https://<SmartDBドメイン>/api/auth/saml
Entity ID https://<SmartDBドメイン>
Name ID {user.email}

ACS URLを設定します。

Entity IDを設定します。

Name IDを設定します。

署名鍵として「2048-bits(推奨)」を選択します。

「次へ」をクリックして、設定情報を登録します。

「送信」をクリックして、サービスプロバイダーを登録します。

HENNGE Oneの証明書を取得

サービスプロバイダー一覧からSmartDBの「表示」をクリックします。

表示された画面の「シングルサインオンURL」の値を取得します。

画面の下部にある「ダウンロード」をクリックし、証明書を取得します。

サービスの利用設定

サービスプロバイダー登録後、アクセスポリシーグループまたはポリシーへの登録を行います。