文書の改訂

文書を更新する際、改訂文書を作成し、その文書に対する承認プロセスが完了するまで、文書を公開しないようにできます。 文書の改訂が利用できるかどうかは、バインダの管理者によって設定されています。

CSガイド(Tips)

改訂文書の作成・公開手順

文書の編集画面を開きます。

改訂文書を作成するかどうかのポップアップが表示されます。「OK」をクリックします。

改訂文書を編集します。 文書の編集後、「登録」をクリックします。

改訂文書が作成されます。 文書の改訂が終了後、「確認依頼」をクリックします。 なお、ボタン名は、バインダの管理者により変更されている場合があります。

改訂文書の公開プロセスを開始するかどうかのポップアップが表示されます。「OK」をクリックします。

担当者設定で指定したユーザに承認依頼されます。 改訂文書の内容を確認し、「承認」します。

すべての承認者が承認すると、改訂文書が元文書に反映されます。

バインダヘッダの操作メニューから「改訂」メニューをクリックすると、改訂中、および改訂済の文書一覧が表示されます。

なお、「否認」された場合は、文書のステータスが「改訂中止」となり、改訂文書は編集ができなくなります。 改訂文書の削除と、改訂元文書の編集は可能です。