CSV入力

バインダにCSV形式で一括して文書を登録・更新ができます。
※CSV入力時のフォーマットはCSVファイルフォーマットをご参照ください。 CSV入力が可能なユーザはバインダの管理者によって制御されています。

表 CSV入力画面の項目

項目名 説明 選択方法・指定可能範囲など
CSVテンプレートのダウンロード CSV入力用のテンプレートファイルがダウンロードできます。 文字コードのリンクをクリックします。
タイトル行の有無 CSVファイルの1行目にタイトル行が含まれているか指定します。 タイトル行が含まれている場合は、チェックボックスにチェックを入れます。
文字コード CSVファイルで使用されている文字コードです。 プルダウンメニューから「ShiftJIS」「UTF-8」「EUC-JP」「GB2312」のいずれかを選択します。
入力/更新 データの登録を新規文書として行うか、既存文書を更新するかたちで行うかを指定します。 ラジオボタンから「文書の新規インポート」「既存文書の更新」のいずれかを選択します。
文書キー CSV入力による文書更新をする際に、文書番号または部品の値で文書を特定します。 文書を特定するための値は以下の通りです。
・文書番号
・文字列入力ボックス部品(文書キーとして使用可能なのは150文字以内)
・数値入力ボックス部品(文書キーとして使用可能なのは数値制約が整数値の場合のみ)
行毎の列数 CSVファイルの列数が固定されているか、行ごとに列数が異なるかを指定します。 ラジオボタンから「行毎に列数固定」「行毎に列数可変」のいずれかを選択します。
アップロードファイル CSV入力に使用するCSVファイルを指定します。 「参照」ボタンを押下し「ファイルのアップロード」画面にて、任意のCSVファイルを選択して「開く」ボタンを押下します。
  • 注意事項

  • 文書キーについて、以下の注意事項があります。

  • キーに指定した列データが重複する場合は、それぞれの処理が実行されるため、後から処理されるデータが反映されます。
  • キーに指定した列データが空白や該当なしの場合は、処理が実行されずに、スキップされます。
  • 文書キーとなる項目を選択しているのに、次のデータ登録画面でキーに選択した部品が選択されていないとエラーになります。
  • 親子文書、サブフォーム、リスト型部品を使用している場合でもメインバインダのみの対応となります。
  • SmartDB Toolには対応していません。

必要な項目を設定したら、「データ登録確認」を行ってください。

データ登録確認

CSVファイルの項目とバインダの項目をマッピングします。
マッピングが出来たら、「データ登録確認」の操作を行って、画面の案内に従えばCSV入力が完了できます。

実行結果の確認

CSV入力を実行すると、一旦、SmartDBで処理が受け付けられます。 SmartDBでは、受け付けた順番に処理がおこなわれます。

バインダヘッダ、あるいはサイドメニューにある「一括処理結果」メニューから、一括処理結果画面を表示します。 「CSV入力」タブにて、CSV入力の実行結果の確認ができます。
CSV入力の処理結果は、メールでも通知されます。