強制終了

メインプロセスまたはサブプロセスが強制終了された時の、サブプロセスを含む業務プロセスの動作について説明します。
強制終了時の動作は、サブプロセス起動ロボットの終了条件の設定によって異なります。

強制終了時の動作

サブプロセスの完了を待たない場合

サブプロセス終了条件が「完了を待たない」場合は、単独で動作する業務プロセス定義と同様の動作をします。

サブプロセスの完了を待つ場合

サブプロセス終了条件が「すべてのプロセスが完了」、「ひとつでも完了」の場合は、以下の動作になります。

■メインプロセスが強制終了された場合のサブプロセス:
開始済みかつ進行中のサブプロセスは、すべて強制終了されます。
■サブプロセスが強制終了された場合のメインプロセス:
メインプロセスの動作はサブプロセスの終了条件や、進行中のサブプロセスの有無によって異なります。(異常終了の場合も同様)

※起動ロボットに定義されている、強制終了されたサブプロセス以外のサブプロセスは強制終了されず、業務プロセスを続行します。

強制終了時の理由

サブプロセスの強制終了により、メインプロセスが強制終了した場合、メインプロセスの強制終了の理由には以下が表示されます。

ユーザが入力した強制終了の理由は、メインプロセスの強制終了の理由に表示されません。

メインプロセスの終了によって強制終了されたサブプロセスには、メインプロセスの強制終了時に入力した理由が表示されます。