文書の下書き機能

機能概要

文書の新規作成時に、文書を下書きとして保存することができる機能です。 下書き保存では、入力チェックは行われません。 一時保存した下書き文書は、バインダヘッダの操作メニューにある「下書き」から参照できます。

また、定期的(デフォルトは30秒毎)に自動保存が行われます。 不意に画面が閉じてしまった場合でも、自動保存されたところから、文書の新規作成が続けられます。

下書き文書は、最終更新日時から90日間は下書きとして保持されますが、90日を超えると、完全に削除されます。

手順

下書き機能の設定手順

下書き機能を有効にしたいバインダの文書一覧画面を開きます。 サイドメニューから、「バインダ属性」メニューを押下します。 バインダ属性設定画面が表示されるので、「編集」ボタンを押下します。

編集モードになります。 「文書の下書き機能」にチェックを入れ、「保存」を押下します。

これで、下書き機能が有効になりました。