パフォーマンスについての総括

前章までの検証結果から、あらゆる観点で、インデックス保存場所はローカルディスクであることが最も望ましいことがわかります。
環境の制約条件でNFS上にインデックスを保存せざるを得ない場合は、検索速度のパフォーマンスを考慮し、CPU、JVMはなるべく多く割り当てることが望ましいと言えます。また、NFSの場合、オプティマイズは夜間バッチなど運用手段を検討されることを推奨します。