アップグレード手順

アップグレードに関する注意事項

  • INSUITE®︎のアップグレードにはバージョンアップとリビジョンアップがあります。
  • バージョンアップ 機能的な改訂(機能追加、対応ブラウザの追加)を行う際のリリース形態です。 バージョンアップを行う場合はバージョンアップモジュールを適用してください。
  • リビジョンアップ 不具合修正のみを行う際のリリース形態です。リビジョンアップを行う場合はリビジョンアップモジュールを適用してください。

※バージョンアップ、リビジョンアップで区別をしない場合はアップグレードと表記します。

  • リビジョンアップを行う場合は、リビジョンアップモジュールを目的のリビジョンまで順次適用してください。

    • (例 V3.4.0 => V3.4.1 => V3.4.2
  • バージョンアップを行う場合は、バージョンアップモジュールを目的のバージョンまで順次適用してください。あるリビジョンに対してバージョンアップモジュールを適用することも可能です。

    • (例 1 V3.4.0 => V3.5.1 => V4.0.0 => V4.1.0
    • (例 2 V3.4.3 => V3.5.1 => V4.0.0 => V4.1.0
  • バージョンアップモジュールにおいては、インストール時に install コマンドを実行しますが、リビジョンアップモジュールでは upgrade.pl コマンドを実行する手順となっていますので、ご注意ください。 (* install コマンドは実行しないでください。)

  • ひびき®Sm@rtDB をご利用の場合は、INSUITE®アップグレードモジュール適用中はひびき®Sm@rtDB のサービス(tomcat)を停止してください。(ひびき®Sm@rtDB 側で、INSUITE®のアップグレード処理で更新対象となる DB オブジェクトを参照している場合があるためです。) 停止方法、開始方法につきましては、ひびき®Sm@rtDB の製品ドキュメントをご参照ください。
  • 本モジュールで追加または変更される画面中の文言の翻訳データ(英語・中国語)は、次回のバージョンアップモジュールに包含する予定です。本モジュールに新しい翻訳データは含まれませんのでご注意ください。(動作上の支障はありません。)


INSUITEのアップグレード方法

適用前に必ず、「アップグレードに関する注意事項」をご確認ください。

  • 本モジュールは Ver.4.0.x 環境を Ver.4.1.0 に更新するためのバージョンアップモジュールです。適用対象の環境が Ver.4.0.x であることをあらかじめご確認ください。
  • Ver.4.0.0 よりも前のバージョンから Ver.4.1.0 までアップグレードされる場合には、一旦 Ver.4.0.0 へのアップグレードを実施した上で、Ver.4.1.0 へのアップグレードを実施してください。(※ Ver.4.0.0 へのアップグレードに際しては、Ver.4.0.0 のリリースノートのアップグレード方法の欄を参照してください。)
  • アップグレードモジュールの適用作業は管理サーバで実行します。複数台構成の場合 AP サーバも自動的にアップグレードされます。ただし、管理サーバを複数台・冗長構成にしている場合は手順が異なりますので、ご購入先までお問い合わせください。また DB、ファイルサーバ及び Apache は全て起動状態で行い、メンテナンスモードで実行する必要があります。


アップグレード手順

  1. 全ての作業の前に、事前にデータ(DB・ファイル)及びプログラムのバックアップ(AP・管理サーバのシステムバックアップ)を行い、万一処理中に中断しても全体を切り戻しできるように準備してください。なお、Ver.3.4.11 以降のリビジョンが適用される際に利用されるスクリプトの仕様が変わったため、Ver.3.4.11 以降で変更されるファイルやプログラムのバックアップについては、下記の upgrade.pl コマンド実行時にも取得されます。
  2. /home/DreamArts/data/patch 配下にファイルやディレクトリが存在する場合は全て削除するか、他のディレクトリに移動します。
  3. INSUITE®Ver.4.1.0 バージョンアップモジュールをアップグレード作業を実行するサーバの任意のディレクトリに保存します。(保存先を/tmp とします。)
  4. 次のコマンドを実行し、tgz ファイルを/home/DreamArts/data/patch 配下に展開します。

    # tar zxf /tmp/IE-RUP-4.1.0-0f46450.tgz -C /home/DreamArts/data/patch

  5. 管理サーバ・各 AP サーバにて次の手順でアップグレードモジュールを適用します。

    1. 次の install コマンドを実行し、アップグレードモジュールを適用します。このとき、サーバ構成に合わせてオプションを指定する必要があります。1台構成の場合、type はどちらを指定しても同じです。

      # cd /home/DreamArts/data/patch/

      # ./install -type={option}

    オプションの詳細

    all 管理サーバ上で実行する場合のみ指定可能。全サーバにアップグレードモジュールを適用する。すなわち、2台構成の場合 ssh を使用して AP サーバにもアップグレードモジュールを適用する。
    local install コマンドを実行するサーバのみにアップグレードモジュールを適用する。
    ※ local を指定する場合は、管理サーバから先にコマンドを実行してください

項目 確認対象
アップグレード後のバージョン確認 INSUITE®「管理機能」-「システム管理」-「システム情報」
アップグレードの履歴確認 /home/DreamArts/logs/patch/patch_history.dat
アップグレード時の詳細ログ /home/DreamArts/logs/patch/patch.log


特定条件により発生する手順

◯ 組織メール 不要な操作ログの削除
ise-2477 「組織メールの操作ログが保存期間を超過しても削除されない不具合の修正」の不具合のため、保存期間を超過した組織メールの操作ログが長期間蓄積されている場合があります。 Ver.4.0.1 を適用した次の月次処理からは正常に削除が行われますが、月次処理が通常より長い時間となる懸念があるため、Ver.4.0.1適用後にコマンドにより不要な操作ログを削除することをお勧めします。

管理サーバで、root 権限にてdelete_org_mail_log.plコマンドを実行します。 オプション無しで実行すると、保存期間を超過したデータを表示します。データが抽出された場合は "-del"オプションにて削除を行ってください。

# cd /home/DreamArts/tools/V4001/
# ./delete_org_mail_log.pl
---- Tables to delete. ----
is_org_mail_log_201509
is_org_mail_log_201510
---------------------------
#
# ./delete_org_mail_log.pl -del
---- Delete tables start. ----
Drop table:is_org_mail_log_201509
Drop table:is_org_mail_log_201510
---- Delete tables finish. ----

◯ Oracle 12cの場合に Drop table が論理削除になってしまう問題対応

データベースがOracle 12cの場合に、データ保存期間を超過したDB Tableが論理削除となり、完全に削除されない事象があり修正しました。 この事象によりINSUITE利用において直接的な影響はありませんが不要なデータが残りデータ容量を消費してしまうため、論理削除となっている DB Tableを削除する必要があります。 次のスクリプトを実行して物理削除を行ってください。

# cd /home/DreamArts/tools/V4002/
# ./purge_recyclebin_oracle12.pl

前提条件

  • Oracle 12cをご利用の場合

◯Luxorゴミインデックス削除コマンドの実行

「Ver.4.0.3 ise-2546 統合検索で検索にヒットしたデータをクリックしても"すでに削除されています"と表示される場合がある不具合の修正」により残留してしまったゴミインデックスを削除するツールを実行します。

詳しい事象については 「Ver.4.0.3 ise-2546 統合検索で検索にヒットしたデータをクリックしても"すでに削除されています"と表示されるばあいがある不具合の修正」 、Luxor Ver.2.0.4リリースノート および Luxor Ver.1.3.9リリースノート 「特定手順でINSUITEデータを削除する際、インデックスが削除できずLuxorに残ってしまう不具合を修正」をご参照ください。

本コマンドの詳細、オプションについては「Ver.4.0.3 ise-2719 Luxorゴミインデックス削除コマンドの提供」をご確認ください。

  • 実行例

本コマンドは管理サーバにて root ユーザにて実行してください。

特定期間における"ライブラリ"のゴミインデックス件数を集計

perl /home/DreamArts/bin/delete_luxor_dirty_index.pl -component library,history-library -from 2015/01 -to 2018/03 -opt count -out result.log

特定期間における"ライブラリ"のゴミインデックスを削除

perl /home/DreamArts/bin/delete_luxor_dirty_index.pl -component library,history-library -from 2015/01 -to 2018/03 -opt del -out result.log
  • 前提条件

    本コマンドはLuxorのバージョンが以下の場合のみ実行可能です。

    • Luxor 1.x .. Luxor Ver.1.3.9 以上
    • Luxor 2.x .. Luxor Ver.2.0.4 以上
  • 注意事項

    • ゴミインデックスの削除を行う際は事前にLuxorサーバのバックアップを推薦します。
    • Luxorサーバのバックアップの手順は、「Luxor_Ver.2.0_インストレーションガイド」あるいは「Luxor Ver.1.3.9 リリースノート」をご参照ください。
    • ゴミインデックスの削除を行う際はメンテナンスモードで実施してください。 やむを得ずメンテナンスモードに移行できない場合は、本コマンドで削除を実行するタイミングの1日前までの日付を -to オプションで指定して実行することをお勧めます。
    • NFSサーバ上の添付ファイルなどが何らかの理由で破損、削除された場合には本コマンドを実行してもLuxor側にゴミインデックスが残留してしまう場合があります。