ひびき®Sm@rtDB Ver.4.3.0 リリースノート Edition2

公開日:2019年7月22日

主要なアップデート

Ver.4.3.0のポイントをご紹介します。

権限制御機能を強化

■キャビネットの公開先を継承可能に

上位キャビネットで指定した公開先を、下位のキャビネット・バインダの公開先として継承できるようにしました。 下位のキャビネット・バインダでは、上位のキャビネットで指定されたユーザ・グループ(グループの場合は配下のグループを含む)でのみアクセス可能で、指定外のユーザ・グループからはアクセスできなくなります。 また、下位のキャビネット・バインダでは、上位から継承した公開先を更に絞り込むこともできます。

キャビネット設定

関連ページ

部品の値あり/なしフィルタを文書検索で使用可能に

Sm@rtDB Ver.4.2.0 で部品の「値がある/ない」を条件としたフィルタを作成できるようになりました。 今回、この「値がある/ない」を条件としたフィルタを文書検索(文書一覧のフィルタ条件など)でも利用できるようにしました。

ビュー定義(フィルタ)

関連ページ

モバイル画面のチェック機能を強化

モバイル画面におけるチェック機能を強化しました。 部品制御の各機能(必須入力制御、入力値チェック、選択肢制御、重複チェック)、および各部品の必須項目以外の入力値チェックがモバイル画面で有効になります。

重複チェック

関連ページ

性能改善

いくつかの機能に関する性能を改善しました。

関連ページ